相続人とは

相続人とは、被相続人の死亡によって承継される被相続人の権利義務を承継される者をいいます。
具体的には、以下の順で相続人となります。
1.被相続人の配偶者は、常に相続人となります。
2.被相続人の子は、相続人となります。
その子が既に死亡している場合には、その者の子(代襲者)が相続人となります。
代襲者も既に死亡しているときは、その代襲者の子が相続人となります。
3.被相続人に子がいない場合には、以下の順で相続人が決定されます。
  Ⅰ 被相続人の直系尊属
  Ⅱ 被相続人の兄弟姉妹
兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その者の子が相続人となります。
 ※ 直系尊属とは父母、祖父母など自分より前の世代に属する者を尊属といいます。

タグ: