相続分とは

相続人が数人いる場合には、各々の相続人がどういう割合で、財産を取得するか?ということです。一般的には、分数で示されます。

相続分は、まず、遺言によって決められます。遺言がないときには、民法の規定によります。この民法に定められている相続分のことを法定相続分といいます。

特別な利益を受けている人がいる場合(特別受益者の相続分)

 相続人の中に被相続人から特別な利益(特別受益といいます)を受けた人がいるときには、その特別な利益を相続財産に加算した財産に、相続分を乗じて、既に受けた利益を控除したもの(「持ち戻し」と呼ばれています。)が、特別な利益を受けた者の相続分となります。
 特別な利益には、土地建物など財産の贈与や一人だけ高学歴であったり、多額の花嫁道具、事業資金の提供などが含まれます。生命保険金は相続財産ではありませんが、持ち戻しの対象となると争われたケースもあります。
 なお、被相続人より特別な利益を相続分の算定において考慮しないという意思表示がなされている場合には、上記は適用されません。(持ち戻しの免除)

財産の形成に著しく貢献した相続人(寄与分)

被相続人の財産の形成に著しく貢献した相続人に対して、その貢献の対価が著しく低い若しくは無償である場合には、その寄与分を無視して相続分を算定することは特別受益がある場合に比して、反対の意味で不公平ですので、相続開始時の財産から寄与による財産を控除した分に相続分を乗じて計算(若しくは遺産分割協議)したものが相続分となります。寄与した者には、計算した相続分に寄与分を加算したものが相続分となります。

タグ: