基礎控除とは

相続税の基礎控除

 相続税を計算する場合においては、課税価格の合計額から基礎控除額を控除します。
    遺産にかかる基礎控除額
      5,000万円+1,000万円×法定相続人の数

  例えば、相続人が妻と子供2人であれば、法定相続人の数が3人ですから、8,000万円の基礎控除額を相続財産から控除することになります。相続財産が8,000万円以下であれば、相続税は課税されません。

ポイント 
  法定相続人を増やすことができれば、相続税を減らすことができますね。

 

贈与税の基礎控除

  贈与税を計算する場合においては、その年に贈与により取得した財産の合計額から、110万円(贈与税の基礎控除)を控除します。
 これは、贈与により取得した財産が110万円以下であれば、贈与税が課されないことになります。

 

タグ: