法定相続人とは

I 法定相続人
 同じような意味に捉えがちですが「相続人」と「法定相続人」は違います。相続税を計算する上でこの「法定相続人」の人数が税額に大きな影響を与えますので、まずはどのような状況で、どのような立場の人が「法定相続人」になるのか確認してみましょう。
(法定相続人及び相続人の判定)
①配偶者
 死亡した人の配偶者が生きていれば、その配偶者は無条件で法定相続人となります。
②死亡した人の子供
  すでにその子供が死亡している場合は、孫が法定相続人になります。
③死亡した人の直系尊属(父母や祖父母)
 上記②の法定相続人がいない場合、死亡した人の父母が法定相続人となります。父母がいない場合は祖父母になります。
④死亡した人の兄弟姉妹
  上記②・③に該当する人がいない場合、死亡した人の兄弟姉妹
 兄弟姉妹が死亡している場合はその子供(Aとする)が該当しますが、そのAが死亡している場合、Aの子供は該当しません。
【重要】上記の人が相続を放棄した場合でも、「法定相続人」に含まれます。

タグ: