家屋の評価

家屋等も土地と同様に、現金で持っているよりも家屋として持っているほうが相続税の節税につながります。
 

(1)家屋等
①家屋
 家屋の価額は、倍率方式によってその評価額を計算します。土地の場合と同様に固定資産税評価額に倍率を掛けた金額が評価額となります。算式で表すと次のようになります。
固定資産税評価額×1.0=家屋の評価額
 現行の倍率は1.0倍となっていますので、その評価額は固定資産税評価額と同じということになります。
 固定資産税評価額は、所在地の市区町村役場で確認できます。
 なお、建築中の家屋及び新築直後間もない家屋には、固定資産税評価額はつけられていません。その場合には、以下のようにして評価額を求めます。
②建築中の家屋
 費用現価×70%=家屋の評価額
 費用現価とは、課税時期までにかかった建築費用をその時点での価額に引き直した額のことです。
③新築直後間もない家屋
 再建築価額×70%=家屋の評価額
 再建築価額とは、課税時期においてその財産を新たに建築又は設備に要するための費用の額のことです。
(2)付属設備等
① 家屋と構造上一体となっている設備
 家屋と構造上一体となっている設備は家屋の価額に含めて評価します。たとえば、電気や給排水設備などがこれに当たります。
② 門、塀等の設備
 門、塀等の設備は、家屋とは別に評価します。これらは、再建築価額から経過年数に応じる減価の額を差し引いた金額が評価額となります。
③ 庭園設備
 庭木や庭石のような庭園設備は、課税時期においてその財産を取得するのにかかる額の70%で評価します。p>

 

タグ: