死亡保険金

 被相続人の死亡によって取得した生命保険契約の保険金や偶然の事故による死亡に伴い支払われる損害保険契約の保険金のうち、その保険料を被相続人が負担した部分の保険金には相続税が課されます。
 

この死亡保険金の受取人が、相続人である場合には、次の算式により求めた金額については、相続税がかからないことになっています。
 
  500万円×法定相続人の数
 法定相続人の数が多ければそれだけ、税金がかからない金額が多くなります。法定相続人を養子縁組によって増やすことにより節税は可能ですが、上記算式の法定相続人の数に含めることができる養子の数には制限があります。上記算式の計算上、被相続人に実子がいる場合には養子は1人まで含めることができます。
 例えば、父(被相続人)、母、実子(2人)、養子(1人)の場合には、上記算式の法定相続人の数は4人となります。
  500万円×4人=2,000万円
 また、被相続人に実子がいない場合には養子は2人まで含めることができます。
 例えば、父(被相続人)、母、養子(3人)の場合には、上記算式の法定相続人の数は、3人ということになります。
  500万円×3人=1,500万円
(注)父(被相続人)の配偶者である母は、常に法定相続人となります。
 なお、この規定は、相続人以外の人が受け取った死亡保険金については適用がありません。
 
 
 

タグ: