生前贈与による節税

 財産をもらったら、贈与税を払わなければなりません。
 たとえば、親から子へ1,000万円の贈与をした場合の贈与税の納税額は231万円となります。
 

 同じ1,000万円の贈与であっても何年かに分けて贈与することにより節税ができます。
 申告の回数が増えるので手間はかかりますが、1度に多くの金額を贈与するよりは何年かに分けて贈与するほうが、節税できます。
 贈与税は、1人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から110万円の基礎控除額を差し引いた残りの額に対してかかります。
 したがって、1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません。
 贈与税は、次の算式によって計算されます。

 

(贈与財産の価額-110万円)×税率-控除額=贈与税額

先に挙げた例をこの算式にあてはめると次のようになります。

(1,000万円-110万円)×40%-125万円=231万円

 税率と控除額は、贈与財産の価額から110万円の基礎控除を引いた金額によって異なります。

贈与税の税率

贈与財産の価格
税率
控除額
200万円以下
10%
300万円以下
15%
10万円
400万円以下
20%
25万円
600万円以下
30%
65万円
1,000万円以下
40%
125万円
1,000万円超 
50%
225万円

 上記のように税率が大きく異なりますので、たとえば、同じ金額を贈与する場合でも、何年かに分けて贈与すれば、節税できます。たとえば、毎年200万円ずつ5年にわたって1,000万円を贈与した場合の贈与税額は合計で45万円となります。
算式にあてはめると次のようになります。

(200万円-110万円)×10%=9万円(1年分の贈与税額)
9万円×5年=45万円

1000万円を1度に贈与するよりも186万円の税額の節税となります。

タグ: