相続税の申告期限

 相続税の申告期限とは、その日までに相続税の確定申告書を提出しなければならない日であり期限です。またこの申告期限が相続税の納税の期限にもなります。

具体的な申告期限は、相続税の申告書を提出しなければならない人が、相続の開始があったことを知った日から10ヶ月以内に提出しなければなりません。「相続の開始があったことを知った日」とは、原則として亡くなった日となります。しかし、絶縁状態などで、亡くなったことを知らなかった場合には、知った日から10月以内となります。

  相続税の申告書を提出しなければならない人とは、相続財産の合計額が基礎控除額を超える人です。

タグ: