債務控除

相続税を計算するときは、被相続人が残した借入金などの債務や葬式費用を遺産総額から差し引くことができます。

1 債務

 差し引くことができる債務は、被相続人が死亡したときにあったもので支払うことが確実なものです。
 なお、被相続人に課税される税金で被相続人の死亡後に相続人が納付又は徴収されることになった所得税などの税金については被相続人が死亡したときに確定していないものであっても、債務として遺産総額から差し引くことができます。
 被相続人に対する罰金で未払いのものは、罰金は刑事罰であり、刑事罰は一身専属なものであるために控除できませんし、また支払う必要もありません。連帯債務は負担すべき債務が確定している場合には控除することができます。

2 葬式費用

 葬式費用は債務ではありませんが、相続税を計算するときは遺産総額から差し引くことができます。
 控除できるものは、埋葬費用、お布施、葬式費用として通常かかる費用などです。
 控除できないものとしては、香典返し、墓などの購入、法会の費用などです。

尚、香典は相続財産にはなりません。