養子縁組

(1) 養子縁組とは
普通養子縁組とは、養子が、戸籍上は実親との関係は残り、二重の親子関係となる縁組(第792条~第817条)。一般にいう養子のことであり、戸籍上は養親(ようしん)との関係は「養子」と記載される。

(2) 養子縁組の効果
嫡出子たる身分の取得
養子は縁組の日から、養親の嫡出子たる身分を取得する。

養子縁組前に養子に子供がいる場合には、その子供は代襲相続人にはなれません。

養子縁組を行うと「養子は養親の氏を称する」とありますので、改姓をする必要がある場合があります。

養子となった者は、特別養子縁組の場合を除いて、養子と生みの親やその親族との関係について、何の影響もありません。従って、養親の相続人になるとともに、実親の相続人にもなります。

(3) 相続税との関係
養子は何人いてもかまいませんが、相続税の基礎控除を計算する時には、実子がいる場合には法定相続人の数に含まれる養子は一人まで、実子がいない場合には法定相続人の数に含まれる養子の数は二人までとなります。

※ 特別養子縁組とは、養子が、戸籍上も実親との関係を断ち切り、実子と同じ扱いにした縁組です。

タグ: