墓地、仏壇などを取得する

相続税は、残された財産について課されます。残し方を工夫すれば、相続税を少なくすることができます。

実は、相続税がかからない財産があります。例えば、墓地、仏壇、祭具等です。
これらの財産は、相続開始後に購入した場合には、相続税を払わなければなりません。
つまり、相続開始時は、相続税が課税される財産が残されており、その財産を換金なりして、税金を払った後に、墓や墓地を購入するより、墓地や墓などを生前に購入すれば、相続財産に含まれませんので、その購入資金分の相続財産が減少することになり節税が図れます。