養子縁組をして相続人を増やす

相続税を支払うのは、4%くらいといわれています。

なぜ、4%なのでしょうか?それは、財産が割と少ない人には、相続税が課されない制度となっているためです。具体的には、相続財産が、基礎控除(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)以下であれば、相続税が課されないと言うことです。算式を見てもらえばわかることですが、法定相続人が10人いれば、財産が1億5千万円以下であれば相続税が課されないことになります。
では、法定相続人を増やすにはどうしたらいいのでしょうか?

 

養子縁組をして相続人を増やす

法定相続人が多ければ多いほど、相続税の節税が図れます。
法定相続人を増やす方法としては養子縁組による方法があります。
相続税法上、実子がいない場合は養子を2名まで、実子がいる場合には養子を1名までを法定相続人に含めるこができます。
ただし安直な養子縁組はトラブルの原因になりかねませんので、家族で十に話し合い理解を得ることが必要す。
また相続間際の養子縁組は、租税回避が明らかである場合には、法定相続人として認められい場合がありますので、早めの対応が必要です。