配偶者の税額控除枠を利用する

相続税の計算においては、配偶者は優遇されています。

制度上の理由は、いくつかありますが、同一世代の財産の移転であり、早晩、相続が開始され、そのときに課税することができるから。財産をともに築いてきた配偶者の残された老後の負担を考慮してなどがあります。

 

配偶者の税額控除枠を利用する

配偶者は、取得した相続財産が法定相続分以下であれば、配偶者の相続税額はゼロになります。
また、配偶者の取得財産が1億6,000円以下である場合にも、相続税額はゼロになります。
つまり相続財産が多額になれば、配偶者には法定相続分を目安に相続するように分割すれば、配偶者分の相続税はゼロにすることができます。