生前贈与

相続開始前に効率的に相続財産を減らすためには、どんな方法があるでしょうか

孫に財産を贈与する

相続人への相続開始前3年以内の贈与については、その贈与財産は相続財産に含められます。従って、この場合には贈与による節税策は無意味になります。
ただし、相続権のない孫に対する贈与は相続税はかかりません。
孫に対する贈与は、世代の飛び越しですので、相続税の2回の課税を1回で済ませる効果があり、贈与税を支払う方が節税になります。

年110万円の贈与をする

相続財産を生前に子に贈与する場合は、贈与税の基礎控除額110万円を利用することで節税になります。
1年間に110万円までの贈与は贈与税がかかりませんので、子供が2人いる場合、毎年これを何年間か続けることで相続財産を減らすことも含めて節税になます。
また、310万円までの贈与の場合、率が10%で済みますので、例えば20万円の贈与をした場合、
(200万円―110万円)×10%= 9万円の贈与税となり安価で済みます。
多少の贈与税を毎年支払った方が、相続税を支払うより有利な場合もありすので、検討してみましょう。

連年贈与は注意する
毎年同じ金額を10年続けて贈与をした場合には一括贈与と同じあると税務署に認定されることがあます。
それを防ぐためにも、毎年贈与契約を作るとか、金額を年によって変えるとかの工夫するのが無難です。