二次相続を考えて遺産分割をする

二次相続ってなんでしょうか?

二次相続とは、亡くなった方と配偶者の年齢が近い場合に、平均寿命ということを考慮すれば、近い将来、また相続が発生する可能性が高いといえます。その時を考慮して、相続税をコントロールしなければならないということです。

二次相続を考えて遺産分割をする

配偶者が財産をどれだけ取得するかで相続税額が大きく変わります。
今回の相続に対する税金が0円だったとしても、次の相続で、税金をたくさん払ったのでは意味がありません。二次相続を考えて遺産分割することが、トータルとしての相続税の節税になることもありますで考慮しましょう。一般的に将来において評価額が上昇する可能性のある土地などは、子供と共有にするとか、将来的に減少してく預貯金などは配偶者が主に相続するなどの分割の財産の検討が必要です。