税務調査10か条(相続税)

税務調査の経験なんて、会社でもやってないと「無い」のが当たり前です。
でも、相続税の申告をした後、又は、しなかったために税務調査を受けることは、一般の方でもあります。
そんなときには、この「税務調査10か条」を思い出してみてください。

1 いきなり税務署がきたら、はっきり断りましょう。

2 税務署からの電話には、あわてず用件と氏名を聞き、直ぐ税理士に連絡しましょう。

3 税務調査に強制力はありません。納税者の承諾が必要です。

4 主張すべき事は主張し、即答できないことはよく調べて答えましょう。

5 金庫・机の引き出し・ロッカー等を勝手に調べることは出来ません。

6 伝票、帳簿などは、たとえ一枚でも勝手に持ち帰ることはできません。

7 税務署員は公僕です。非常識な言動はたしなめましょう。

8 呼び出し、お尋ねは文書には法律上の強制力はありません。

9 取引先や銀行などへの反面調査は営業妨害です。直ぐにやめさせましょう。

10  修正申告の強要は違法です。税理士と十分相談しましょう。

 

タグ: