過少申告算税(相続税及び贈与税)

期限内に提出した納税申告書に記載した税額が過小で修正申告を提出する場合や、期限内に提出した納税申告書の税額が過小であると税務署から指摘を受けた場合には、本来の税金の他に、罰金的性格の加算税を支払わなければなりません。
これが、過少申告加算税です。

過少申告加算税がある場合には、本来支払わなければならなかった税金に10%(15%)を追加で支払わなければなりません。もちろん、その他に、延滞税という利息的性格のものも必要となります。

修正原因に正当な理由がある場合や、自分で気づいて自主的に修正申告書を提出して納税をした場合には、過少申告加算税はかかりません。

 

タグ: