相続税について

相続税(そうぞくぜい)は、人の死亡に基因する財産の移転に着目して課される税金を指し、多くの国で採用されている。日本では、相続税は相続税法(昭和25年3月31日法律第73号)に基づき課される。なお、同法には相続税と贈与税の2つの税目が規定されているが、これは、後者の贈与税が、相続税の補完税であることによる。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
このページでは、相続に関して、様々な情報の提供を行っていきます。