相続税

平成27年1月からの相続税の改正

【相続税の計算の仕組み】
相続税の計算は被相続人(死亡した人)の土地、建物、預貯金、などのプラスの財産から借入金などの-野財産を引いた正味財産の合計額から「基礎控除」と言われる額を引いた金額に税率を掛けて計算します。そのため、正味の財産から「基礎控除」額を引いた結果が0円以下の場合は相続税を納税する必要はありません。

セミナー開催のお知らせ

 東京相続相談所では、11月17日土曜日10:00より12:00の2時間、二人の講師をお呼びして、セミナーを開催します。

題して「相続の底(そこ)が知りたかった!」です。

一人目の講師は、梅田真弘氏で、「いったい相続税はいくらなの?」というタイトルで、相続の基礎をお話し頂きます。

 

二人目の講師は、税理士の住田敏男氏で、「早めの対策、遺言があれば怖くない!」というタイトルで、遺言が無いとこんなに大変と言う内容をお話し頂きます。

住田税理士

必ずご予約をお願いいたします。

東日本大震災により被害を受けた場合の相続税、贈与税の申告期限の延長

東日本大震災において、被害を受けられた方々に対しては、深くお見舞い申し上げます。

この東日本大震災において被害を受けられた方々のために、相続税及び贈与税について様々な施策があります。例えば、申告期限の延長、災害により相続財産や贈与財産に被害を受けた場合には、相続税及び贈与税が少なくなる、もしくは支払わなくて良いということもあります。

訴訟費用と遺産分割協議

この訴訟に関して支払った費用はどのように扱われると思われますか?
相続税の計算上、その費用を債務として計上し相続税を少なくすることが出来るのか。またはその相続により取得した資産の取得費に加えることは出来るのか。
 

タグ: 

自筆証書遺言の書式例

自筆証書遺言の書式例を以下のとおりです。

墓地で節税

相続税では、原則として、相続や遺贈によって取得した財産のすべてがその課税の対象となります。しかし、

その財産の中には、その財産の性質や、社会政策的な見地などから相続税の課税の対象とすることが適当ではない財産があります。そこで、相続税法では、このような財産については、相続税の課税の対象としないこととしています。このような財産を相続税の非課税財産といいます。
 この相続税の非課税財産には、墓所、霊廟及び祭具等があります。具体的には、墓地、墓石、神だな、神体、仏壇、位牌、仏像などです。
 ただし、純金製のものなどは、実際に仏壇等として使用していても美術品として相続税の課税の対象となります。
 これらの財産を、生前に購入しておけば、手持資金が非課税財産にかわりますので、節税が可能となります。被相続人が亡くなった後にこれらの財産を購入してもこれらの購入金額は相続税の計算上、控除できないので節税できません。また、被相続人が生前に墓地等を購入してその代金が未払いであるような場合には、その未払代金は債務控除の対象とならないので、節税になりません。
 墓地、仏壇、位牌などの相続税の非課税財産を生前に購入し、その代金の支払いを完了させておくことで相続税の節税につながります。
 

タグ: 

退職金の非課税

退職金については、非課税となる場合があります。

タグ: 

相次相続控除

短期間に相続が続いた場合、相続税の負担を軽減する制度として相次相続控除が挙げられます。

遺言の「意義」と「できること」

①遺言の意義
誰が誰の相続人となり、またその相続分はどれほどなのか? といったようなことは民法によって定められていますが、亡くなった方の意志はありません。亡くなった方の最終の意思表示をするものが遺言になるわけです。また、遺言は、満15才に達した者であり、かつ意志能力があれば誰でも作成可能です。

②遺言にできる事項
民法では、遺言出できる事項が決められており、それ以外のことを遺言書に記載しても、法律上は効果が生じません。例としては次のようなものがあります。
・相続分の指定
・遺産分割の方法の指定
・認知、後見人などの身分に関する事項
・遺言執行者の指定

タグ: 

土地が有利

相続税について「現金で持っているよりも土地として持っているほうが、相続税は安くなり、節税につながる。」と聞くことがありますが、それは、どういうことでしょうか。

ページ

Subscribe to RSS - 相続税