用語

準確定申告

確定申告書を提出しなければならいない者が、死亡した場合には、原則として、死亡した日から4月以内に、相続人は、所得税の確定申告書を提出しなければなりません。この所得税の確定申告書を準確定申告書といいます。その死亡した者が消費税の納税義務者である場合には、同様に消費税の申告を提出しなければなりません。

準確定申告における所得控除の適用に関して

  • 医療費控除の対象となるのは、死亡の日までに被相続人が支払った医療費であり、死亡後に相続人が支払ったものを被相続人の準確定申告において医療費控除の対象に含めることはできません。被相続人の医療費のうち死亡後に支払ったものは、相続税の計算上の債務控除となります。
  • 社会保険料、生命保険料、地震保険料等の対象となるのは、死亡の日までに被相続人が支払った保険料等の額です。
  • 配偶者控除や扶養控除等の適用の有無に関する判定(親族関係やその親族等の1年間の合計所得金額の見積り等)は、死亡の日の現況により行います。

準確定申告書には、「死亡した者の  年分の確定申告書の付表(兼相続人の代表者の指定の届出書)」を添付しなければなりません。

タグ: 

自筆証書遺言の書式例

自筆証書遺言の書式例を以下のとおりです。

養子縁組

(1) 養子縁組とは
普通養子縁組とは、養子が、戸籍上は実親との関係は残り、二重の親子関係となる縁組(第792条~第817条)。一般にいう養子のことであり、戸籍上は養親(ようしん)との関係は「養子」と記載される。

(2) 養子縁組の効果
嫡出子たる身分の取得
養子は縁組の日から、養親の嫡出子たる身分を取得する。

養子縁組前に養子に子供がいる場合には、その子供は代襲相続人にはなれません。

養子縁組を行うと「養子は養親の氏を称する」とありますので、改姓をする必要がある場合があります。

養子となった者は、特別養子縁組の場合を除いて、養子と生みの親やその親族との関係について、何の影響もありません。従って、養親の相続人になるとともに、実親の相続人にもなります。

(3) 相続税との関係
養子は何人いてもかまいませんが、相続税の基礎控除を計算する時には、実子がいる場合には法定相続人の数に含まれる養子は一人まで、実子がいない場合には法定相続人の数に含まれる養子の数は二人までとなります。

※ 特別養子縁組とは、養子が、戸籍上も実親との関係を断ち切り、実子と同じ扱いにした縁組です。

タグ: 

遺留分と遺留分の減殺請求

1 遺留分とは

 被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に対して留保された相続財産の割合をいいます。
  私有財産制度の下においては、自己の財産を自由に処分することが当然に保証されています。しかし、家族に何一つ財産を残さずに、家族を犠牲にして生前に他の者に贈与することは、いかがなものでしょうか?家族は当然に、相続を受けることを期待していることもあるでしょう。
 現在の日本の民法では、原則として相続開始時における財産を、遺留分の算定の基礎とすることにしています。例外として共同相続人の受けた特別受益も遺留分の算定の基礎となります。従って、相続開始前における、被相続人の財産処分権を大幅に認めることとなっています。

 具体的には、相続開始時の財産に、贈与した財産(死因贈与を含む)及び共同相続人に対する特別受益を加算したものから、債務を控除したものが遺留分の基礎となる財産となります。

タグ: 

限定承認

 最初から相続を予定していれば、ことは単純でありますが、予定していない疎遠な者の死亡により、突然に相続人になることもあり得ます。亡くなった方の財産の状況などわかるわけもありません。その様なときに、相続人の利益を守るために限定承認という制度があります。

 限定承認とは、相続によって得た財産の限度においてのみ、被相続人の債務・遺贈の範囲で、相続を承認することができます。

 限定承認するときは、相続財産の目録を作成して家庭裁判所に提出し、限定承認する旨を述べなければなりません。

タグ: 

単純承認

相続人は、単純初任したときは、被相続人の権利義務の一切を承継する。
単純承認したとみなす場合。

  • 相続人が相続財産の全部または一部を処分したとき。保存行為その他を除く
  • 限定承認または、相続の放棄をしなかったとき
  • 相続人が、限定承認または放棄をした後であっても、相続財産の全部または一部を隠匿し、消費、悪意で財産目録に記載しなかったとき。ただし、相続を放棄したことにより、相続人となった者が相続の承認をした時を除く。
  • タグ: 

    相続の放棄

    相続人は、相続の開始によって、自動的に財産上の権利義務を承継することになります。しかし、相続人の自由意志により、3ヶ月以内に単純承認、限定承認または放棄ををすることができます。放棄する者は、単独で、特段の理由も必要とせず、家庭裁判所に申し立てることにより、放棄することができます。

    承認または放棄をする前に、財産の調査をすることができます。

    放棄をした者は、その相続に関して、はじめから相続人とならなかったものとみなされます。

    放棄や限定承認があったかどうかを確認する為に、「相続放棄申述受理証明書」、
    相続放棄・限定承認の申述の有無についての照会による「相続放棄・限定承認の申述のなきことの証明書」により確認することができます。

    タグ: 

    相続税の申告期限

     相続税の申告期限とは、その日までに相続税の確定申告書を提出しなければならない日であり期限です。またこの申告期限が相続税の納税の期限にもなります。

    タグ: 

    死亡保険金

     被相続人の死亡によって取得した生命保険契約の保険金や偶然の事故による死亡に伴い支払われる損害保険契約の保険金のうち、その保険料を被相続人が負担した部分の保険金には相続税が課されます。
     

    タグ: 

    家屋の評価

    家屋等も土地と同様に、現金で持っているよりも家屋として持っているほうが相続税の節税につながります。
     

    タグ: 

    ページ

    Subscribe to RSS - 用語