贈与税

贈与税がかからないとき?

いよいよ平成27年1月1日より相続税の基礎控除額が大幅に減額されました。相続税の課税対象者が大幅に増加する事が予想されています。贈与を上手に使って相続に備えましょう
【住宅取得資金の贈与】
父母や祖父母から住宅取得のために贈与を受けた場合は一定金額が贈与税がかかりません。
平成27年は、取得する住宅によって、1,000万円~1,500が非課税になります。平成28年は、1,200万円~700万円と年々贈与税がかからない額は少なくなっていき、平成31年6月30日で終了の予定です。
贈与税の申告はしなければならないので、ご注意ください。

平成22年贈与税の申告状況

国税庁より、平成22年の贈与税の確定申告の状況の発表がありました。

東日本大震災により被害を受けた場合の相続税、贈与税の申告期限の延長

東日本大震災において、被害を受けられた方々に対しては、深くお見舞い申し上げます。

この東日本大震災において被害を受けられた方々のために、相続税及び贈与税について様々な施策があります。例えば、申告期限の延長、災害により相続財産や贈与財産に被害を受けた場合には、相続税及び贈与税が少なくなる、もしくは支払わなくて良いということもあります。

介護付き老人ホームの入居金

夫が妻のために、介護付き有料老人ホームの入居金を支払った場合には、税金はかかるか?

1 結論
贈与税は、非課税。
夫が亡くなった時に返還を受けられる金額があったとしても、相続財産ではない。

これは、夫の妻に対する入居金の支払いは、扶養義務を履行するために支給した金品で有り、贈与は非課税であること。夫が亡くなった時に返還金に相当する金額があるとしても、妻は入居中かつ今後も介護施設の役務適強を受ける必要がである。介護を必要とする配偶者の生活に必要なもので有り、返還金を家賃の前払いとして相続税を課することは適切ではない。

この事案についての審査請求の要旨は、下記のとおりです。

タグ: 

相続時精算課税

贈与により財産を取得した時には、原則として贈与税を支払うことで税金が精算され、それ以上の税金を払う必要はありません。
高齢者から、若年層に財産の移転を行うことによる景気対策の一環として、相続時精算課税が導入されています。
 

タグ: 

生前贈与による節税

 財産をもらったら、贈与税を払わなければなりません。
 たとえば、親から子へ1,000万円の贈与をした場合の贈与税の納税額は231万円となります。
 

タグ: 

両親等がマイホーム資金を援助してくれたとき(22年度の税制改正)

 人からお金や財産などをもらった場合、年間110万円を超えると贈与税が課されます。
 ただし、マイホーム資金を 親や祖父母から援助を受けた場合には、以下の特例があります。
 
 

(1)直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税制度
①非課税制度とは
 親や祖父母から住宅取得用の贈与を受けた場合、その翌年の3月15日までに、その資金で住宅を購入し、住み始めた場合か、住むことが確実であるときは、以下の金額までは贈与税がかかりません。
.平成21年、平成22年……500万円
.平成22年……1,500万円
.平成23年……1,000万円
※.平成22年は500万円、1,500万円控除の選択ができる(要件が異なる)

土地が有利

相続税について「現金で持っているよりも土地として持っているほうが、相続税は安くなり、節税につながる。」と聞くことがありますが、それは、どういうことでしょうか。

離婚に伴う財産分与が問題となった例

相続税は、人の死亡によって財産が移転する場合にその財産に対して課される租税です。相続税によって富の集中を防止するという効果を果たしています。

タグ: 

上場株式の贈与

上場株式の生前贈与の利点

みなさんの中には上場株式を所有されている方もおおいのではないでしょうか。下がれば上がるものです。将来上がると考えているなら、上場株式の贈与を考えてみたらいかがでしょうか?

タグ: 

ページ

Subscribe to RSS - 贈与税