相続の節税

保険金請求権の相続(生命保険)

 生命保険の加入にあたっては、その加入目的を明確にする必要があります。 相続税の納税資金対策を目的に生命保険に加入する場合には、いくら相続税が課税されて、納税資金はどれくらい用意されているのか等現状を把握する必要があります。そして生命保険で納税資金をいくら確保できるか、その場合の保険料はいくらか等、納税資金対策のマスタープランを作成することが大切です。

不動産の有効活用

土地編

相続税における土地評価額は、土地の取引価格に対する指標である公示価格の80%程度となっています。これは、土地は市場性があるため年に何回も相続評価換えをすることが適切ではないためです。

バランス良く組み合わせる

絶対的な節税対策などありません。また、制度は変わっていくものです。

二次相続を考えて遺産分割をする

二次相続ってなんでしょうか?

納税資金の準備

 相続や贈与の節税をおこなっても、現金もしくはすぐに現金化できるものが0円となってしまっては、本末転倒ですね。納税資金を含めた相続対策が重要です。

重要な財産である土地について

相続対策は、土地対策であると言っても過言ではありません。相続財産の大部分を土地が占めていることが多い以上、避けてはとおれません。

いつ、どんなふうに生前贈与するか

生前贈与する場合に、どんな時、どんな風に贈与すれば得なのか?きっかけが大事です。

生前贈与

相続開始前に効率的に相続財産を減らすためには、どんな方法があるでしょうか

配偶者の税額控除枠を利用する

相続税の計算においては、配偶者は優遇されています。

養子縁組をして相続人を増やす

相続税を支払うのは、4%くらいといわれています。

ページ

Subscribe to RSS - 相続の節税